無利息期間の延滞

便利な無利息期間ではありますが、返済日のことも考えていかなければいけません。無利息期間中に返済日がやってくる可能性があり、初回の返済日に必ず最低返済額以上の返済が必要になってきます。これは、各社によっても違いますし、借入残高によっても違うため、一概にいくらであるとは言えません。ですが、この最低返済額が返済できない状況となると、大きな問題が発生するところに注意が必要です。

キャッシングサービス返済ができなかった場合には、翌日から利息が発生するようになるのが通常の対応となっています。つまり、いくら無利息期間が残っていたとしても、このサービスは終了してしまい利息がとられるようになってしまうでしょう。ですが、これで終わるわけではありません。無利息期間は、あくまでもサービスであり、返済を滞納してしまったのですから、当然遅延損害金も発生します。余計に請求されることになるのはこれだけではなく、契約によっては借り入れ当初からの利息を請求されることも出てくるところに注意が必要です。あくまでもサービスなのであって、延滞しても損害はないといったものではないことを理解しておかなければいけないでしょう。

無利息期間内に返済した場合、期間が終われば通常の利息が掛けられます。期間中の返済は、すべて元金に充てられることも理解しておくといいでしょう。

*参照記事*
利息と手数料
無利息期間の表現
消費者金融のサービス