利息と手数料

問い合わせ便利な無利息期間のサービスですが、うまく使うことによって、もっとお得に活用できるようになります。無利息期間中に返済できるようにすれば、一番お得になるのは簡単にわかるところでしょう。大きな金額になると、この期間中に返済するのが難しくなるからです。消費者金融によっては、契約した金額が大きくなると無利息期間が設定されない場合もありますので、注意しておかなければいけません。中には180日間の無利息期間が設定されるところもあります。消費者金融の中でも早々あるわけではありませんし、借入金額も抑えられて設定されますが、これだけ長い期間になると、相当お得になってくるでしょう。

実際にどれぐらい節約になるかといえば、30日間でもそこまで大きな節約ではないこともあります。特に7日間無利息では、ほとんど差がないと感じる場合もあるでしょう。ですが、これは借入時に感じることです。返済の時には、少しでも少ないほうがお得なのは間違いありません。手数料がかかってしまうと、そこまで大きくない金額でもメリットをなくしてしまう場合もあることは注意が必要です。手数料がかからない方法がいろいろと用意されていますので、事前に調べて活用するといいでしょう。

*参照記事*
無利息期間の延滞
無利息期間の表現
消費者金融のサービス